卸・小売

【特別賞】株式会社あいや

抹茶を五感で楽しめる世界初の抹茶専門ミュージアム

日本の伝統である抹茶を、体験を通して全身で楽しんでいただける。
当茶店は、抹茶製造メーカーならではの製造から体験、学習、販売、飲食提供サービスまで
すべてを網羅した抹茶体験サービスができるお茶屋となっている。

企業等データ
設立1964年11月11日
所在地愛知県西尾市上町横町屋敷15番地
従業員数127名
URLhttps://www.matcha.co.jp/
資本金3,000万円
TEL0563-56-2233
事業者紹介
海外5法人を有する、抹茶の世界企業 株式会社あいや

創業1888年の抹茶の製造メーカー株式会社あいや。抹茶製造工場では業界トップクラスの製造力を誇り、1,000台以上の茶臼(石臼)が24時間体制で高品質な抹茶を製造し続けている。

サービスの経緯と目的
五感で抹茶を楽しむことができる体験型ミュージアム

自社の抹茶製造工程を見学いただけるように「工場見学」を20年以上前から行っていたが、2017年4月に、抹茶の魅力を五感で存分に楽しんでいただけるよう「あいや西尾の抹茶ミュージアム和く和く」を敷地内に設立。ここでは、「今までにない抹茶のPR」、「地域振興」をコンセプトに、抹茶に関するおおよそすべてのことを、体験を通じて学ぶことができる。

サービスの特徴と独自性
世界で唯一つの抹茶を作ることができる場所

当サービスは、長年培ったお茶製造のノウハウを盛り込んだ、世界初の抹茶専門博物館であり、お客が抹茶に関して知りたいことのすべてがここで堪能することができる。
また、自分で茶葉をブレンドし、それを手挽きの臼で挽いていただき、世界でただ一つの抹茶を作っていただき、世界で唯一つの自分だけの抹茶味を味わえる。その後は、お店で楽しいショッピングや、老舗ならではの本格スイーツを堪能頂くこともできる。この様な体験型抹茶ミュージアムは他に類がなく、県内はもとより、関西、関東方面、海外からの観光客で予約がいっぱいになっている。

サービスにおける生産性向上のポイント
製品の背景を丁寧に伝えることで、商品価値を高められ

ミュージアム導入後、毎月の店舗売上が約30%UPし、HP集客も2倍となっている。ミュージアムを通じて、あいや、西尾の抹茶を知ってもらい、それが自社製品の売り上げ向上につながっている。

サービスの成果・社会や地域に対する影響
自社利益ではなく地域全体の利益を考える

西尾市は、抹茶の生産量日本一であり、西尾市として「抹茶」で地域活性化を図っている。当社の「和く和く」は、中部圏のみならず、関西、関東方面、また海外からの観光客も呼び寄せる西尾市の重要な観光資源となっている。

今後の展望
抹茶を通しての特別体験を次々と

現代はモノ消費ではなくコト消費が中心である。モノの消費に飽きてきた消費者は、コト消費=「体験」を求めた消費活動を活発化させている。当社の「和く和く」のコンセプトは、『抹茶に関して他ではできない「特別な体験」が盛りだくさんの体験型博物館』であり、次々に新しいコンテンツを用意して、より楽しめる抹茶ミュージアムにするよう日々改善を続けていく。

コメント

社長・担当者からの一言

この抹茶ミュージアム「和く和く」は、抹茶の里 西尾市に観光客を誘客するために設立しました。訪れていただく方々のかけがえのない思い出になっていただくとともに、地域経済活性化の一助となりましたら幸いです。代表取締役社長 杉田武男

お客様の声

ネット予約は大人気でいつでも満席となってますね。お茶のテイスティングや各自がブレンドした茶を各自茶臼でひいた抹茶にし、茶室で抹茶を点てて頂く。500円でこんな贅沢ができ大満足です!

※このページの情報はすべて2019年3月現在の情報です。

成功事例

「あいちサービス産業ベストプラクティス事業」で選ばれた、
優秀な成功事例をご紹介します。